分析してみた記事

ブログの成長を考えてみたよ:戦略的なブログの運営の分析ごっこ(その1)

戦略的なブログの運営の分析ごっこ(その1):ブログの成長を考えてみたよ。

 

初めてブログに関する記事を書いてみることにします。

この記事を書いたのはブログを運営し始めてから約3ヶ月後ですが、9ヵ月後にリライトしていますので、その追記文もお楽しみください。

 

タイトルには戦略的なブログの運営の分析みたいなことを書いていますが、私はただのプロフェッショナルな環境コンサルタントです。

 

マーケティングやライティングのスキル向上の要素はないですし、テクニカルではないです。

ただ、環境コンサルタントがプロフェッショナルなコンサルタント的に分析しています。

 

私がブログを始める前に決めたこと

 

私はブログの運営を始める前にブログの運営の「目標」「計画」をおおまかに決めていました。

9ヶ月後でもこの「目標」「計画」に変更はありません。

9ヶ月間、じっくりと知識やブログを運営するという感覚を養い続けて、今ブログを全体的にリライトをしている途中です。

 

3ヶ月前に書いたこの「目標」「計画」は私のブログの運営の最初の大まかなイメージであり、かっこよく表現すると「第1次ブログの運営に関するマスタープラン」です(笑)。

 

「目標」「計画」は以下のとおりです。

 

目標:

ブログの運営を60歳まで続けてみる。

 

私は60歳までサラリーマンとして働きたいと思っています。

最近はIoTやらAIやら、スマホのアプリやらで時代の変化と共に色々な考え方が増え、「企業に属して働く」「フリーランスとして独立して働く」「会社員に属しながら副業をする」などの記事を見るようになりました。

 

私は人それぞれの意見や価値観の違いだと思っている一方で、興味があり色々と調べたり、「会社に属すること」を分析したりしました。

 

私はどちらのメリット・デメリットも理解しているつもりです。

その上で60歳までサラリーマンをしたいと考えており、企業に属しながら自分自身に、担当するプロジェクトに価値を生み出していくつもりです。

 

ただ、60歳を越えると話は別です。私は60歳以降、働きたくないと考えています。

なので、60歳までにブログの運営を軌道にのせて支払われる可能性が限りなく低い年金の代わり程度の収益を得たいと考えています。

 

まだ20年以上の時間が私にはあることになります。

ブログの運営は20年間も楽しめる素敵な遊び場ということなので、長期的に、戦略的にブログを運営したいと思っています。

それに20年もあれば時代は大きく変わりますからね。「What is a ブログ?」ってことも5年後ではあり得るかもしれません。

 

「検索結果」「収益獲得方法」なども大きく変わっていくでしょう。

その変化に対応できる人でなければ、長期的な運営は難しいのではないかと思います。

なので、これからもたくさん自分の価値観のリミッターを外さないといけないということになります(笑)。

 

続いて計画はこんな感じです。

 

計画:

細かいことは、一旦おいておく。つまり、ブログの運営に関して詳細から入らない。

 

あえてブログの運営に関して、無知でいることを心がけていました。

場の雰囲気を掴むためにです。ブログの運営に関しては、最低限の情報を収集してからスタートしました。あとは好きなことをブログに書いているだけです。

 

ブログの運営に関しては、既に成熟した環境が整っていると考えていました。

世代で言うと私は、15~18世代目でしょうか。こういった場は便利なツールや教科書的なものが整っています。

 

実のところ、私は基本的に自分の中でロジカルに場や手法を理解したいタイプの人間です。

 

なので、淡々とブログを書いてみて、場の雰囲気とロジカルに考えられるデータが得られるのを待っていました。

 

基本的に、行動して修正して行動しての繰り返しだと考えていますが、第1次ブログの運営に関するマスタープランの初期段階におけるその時が来たということです。

 

上記の目標と計画は、3ヶ月前に書いた目標と計画なので9ヵ月後の今は、ブログを全体的にリライトしているので「ブログの運営に関するマスタープラン」を第2次にする為の準備期間だと考えています。

 

ブログの運営を開始して、3ヶ月目で記事数は66記事目でした。

9ヵ月後の今の現状は、記事数を全体的なリライトの為に減らしています。

 

トラガるー
トラガるー
まあ、ブログ運営の方法は人それぞれですやん。正解はないけど、自分の中にルール持ってる人は強いんちゃいまっか。

 

ブログ運営で学んだ大切なこと

 

Twitterを本格的に始めたのは2018年の4月ぐらいからです。

それまでは、ただTL上で仮想通貨の情報を見ているだけでした。

ブログの運営をきっかけに、呟いてみたり、いいねを押してみたりとやり始めてみると、多くの仲間と知り合うことができました。

そして、色々とブログ運営に関して基本的なことを教えて貰いました。

 

例えば…

 

🔸 アイキャッチは記事の入り口(名刺)になるので大切である。

🔸 記事の書き方は読む人の興味やレビュー時間を左右するためとても重要である。

🔸 記事を読んでほしい人(ターゲット)を明確にイメージしておくことは必須である。

🔸 記事の量が多いと当たる確率が向上するというシステムを理解しておく必要がある。

 

とても基本的なことですがグローバルでの合意行政の基本方針と同じで、全ての手法やアプローチはこの基本的なことに紐づいていると考えています。

 

基本的な手法やアプローチを学ぶことができたのは、とても有難いことでした。

 

特に…

マフィン@遅咲きブロガーさんの行動力やマフィンさんが展開される情報、カオデカ@筋トレは世界平和さんのブログのレビューや記事は大きな学びでした。

 

今はTwitter歴も9ヶ月ですが、色々と他の人から学ぶことに本格的に始めた当初と違いが出てきました。

 

どのような点が変わったのか?

 

ブログを書く上でのテクニックやサイトの構築は、すでにお腹一杯の状態です。

今は比較的に有益な情報に簡単にリーチできるようになりました。

また、ブログ開始時期が同じブロガーの方の現状を把握するようなこともしています。

つまり、彼らのブログが9ヶ月でどのように変化したのかを見ているということです(笑)。

 

トラガるー
トラガるー
学校や会社じゃ教えてくれへんで。ほんまに。

 

基本的な手法に対する私のアプローチ

 

初めの3ヶ月でブログの運営に関しての基本中の基本を学びましたが、ただ私の場合、これを基本通りに遂行していくという選択肢を持ち合わせていませんでした(笑)。

 

場の雰囲気を学ぶために無知であったのに、学んだ基本を基本通りにやってしまうと……本質的なコトに触れられないような気がしたんです。

 

ここでいう本質的なコトとはこのブログ(Tra-tech)の運営に必要な「アプローチ方法」です。つまり、このブログの「個性」になりえるモノです。

 

私のロジカルシンキングにとって「本質的な〇〇」はとても重要です。なので、このブログの運営にも生かしたいと考えていました。

そして、9ヶ月後の今でも私のロジカルシンキングは変わっていません。

 

3ヶ月前の私は、基本の「きの字」を学んで、少しこのブログの運営の本質的なモノの一部を考えていました。特に分析はせずに、なんとなくの感じです。

 

誰かがスマホやパソコンからこのブログに検索流入してきた時のインパクトは何で補うべきかということを考えた時、やはり以下のワードが浮かんできました。

以下のまとめは3ヶ月前に書いた項目ですが、9ヶ月後でも変わっていません。

 

🔷 ブログのトップページや記事内容の基本構成ができていること。

🔷 記事内のモノ事をとらえる視点が複眼的であること。

🔷 記事の内容が誰の心にも平等であること。

🔷 ブログから人を感じれること ← この大切なことを教えてくれたのはカオデカさん

 

そして、この4つの基本戦略を意識しながらにTwitterで学んだ基本的なブログの運営方法に取り組みました。3ヶ月前から一歩一歩です。

この下のまとめも3ヶ月前のものです。特に大きな変更はありません。

 

🔸 アイキャッチは記事の入り口(名刺)になるので大切である。

→もちろん、写真のみではなく言葉を付記しようと考えています。

ただ、限りなくシンプルにしたいのでパワーポイントで作ってみようと考えています。

色々と便利なサイトがあることは承知の上での1つチャレンジになりますが……言葉と白い余白の範囲で勝負してみようと思います

 

アイキャッチはイメージの共有を重視したいので….(笑)。

無理だったら、第1次ブログの運営に関するマスタープランの第2段階で修正です(笑)。

トップページも少し修正をする必要がありますね。

 

アイキャッチに変更はありませんが、9ヵ月後にトップページは色々と変えてみました。

見やすくしたという表現が一番しっくりきます。

 

🔸 記事の書き方は読む人の興味やレビュー時間を左右するためとても重要である。

→ここは大きく変更しないつもりです。

無知で書き続けてきたのである程度のオリジナリティができていると考えています。

複眼的な思考はトラがるーの台詞で表現しているのでOKだと思っています。

 

今後はもう少し、ストーリーのバランスというかフレームワークを更に確立していこうと考えています。理解の共有の効率性を向上させていきたいですね。

基本は1つの記事で1,500文字程度で進めていこうと思っています。

 

Twitterのコメントで140字の世界を体感したので、ボリューム多めの記事を書いてから削っていくのが基本スタイルとなりました。

いや~140文字での表現方法はもっと勉強が必要ですね。

 

9ヶ月経ち、記事のボリュームに関しては、大きな考え方の変化がありました。

1記事に対して3,000文字をベースにとりまとめるようにしています。文字が多いものは1万字を超えるものもあります。

 

🔸 記事を読んでほしい人(ターゲット)を明確にイメージしておくことは必須である。

→ここは検索流入というか、「同じことを考えている人いないかな?」のスタンスです。

ただ、この部分は学びの途中であると言わざるおえません。恐らくここが今後のキーになってくると思っていますが、まだ手探りです。

 

これだけは言えます。SNSという世界の中をターゲットにするほど、私には経験や知識が今の段階ではないことを知りました。

なので、1年ぐらいあとになったら分析してアプローチを検討したいと思います。

 

9ヶ月経つと、どの記事に人が集まるかが良く理解できました。なので、良く読まれる記事の文字数を増やしたり、より読みやすく改行をしたり、調整を続けています。

 

🔸 記事の量が多いと当たる確率が向上するというシステムを理解しておく必要がある。

→これは宝くじとほぼ同じ考え方ですね。

ただ、ロジカルに戦略を立てられるので、一見受動的ではあるものの、能動的に当たる確率を高めることができるという感じでしょうか。

なので宝くじよりは当たる確率が高いと考えています。実際に1記事が当たった経験もしました。あった記事はその後もしばらく読まれていました。

 

量を作る。これは王道ですが、けして華やかな王道ではないと考えています。

なんとなくですが、常に上り坂と言う表現がマッチすると思います。

産業用ロボットで記事を書いているわけではなく、手作りで量を増やしているわけですから、これほど大変なことはありません。

 

9ヶ月でこのブログでは66記事を書きました。またこのブログとは異なる特化サイトで30記事書きました。

合計96記事の中で、やはりエース記事というものが生まれてきます。

つまり、毎日安定してPV数を獲得してくれる記事です。

その数が大体、4記事程度です。

 

9ヶ月間、ブログを運営してこの4記事が育ったことは、とても大きな成果だと思います。

そして、このブログを読みに来られる読者の方の特性も把握できつつあります。

 

さてさて、文章が長くなってきたので続きは次回に書きます。

 

トラガるー
トラガるー
なんやかんやで、ブログのマスターはカオデカさんってことでいいんちゃいまっか。許可とってないけど…..

 

その後、戦略的なブログの運営の分析ごっこ(その2):ブログを継続することに関して考えてみたよ戦略的なブログの運営の分析ごっこ(その3):記事と記事のつながりを考えてみたよなどを書いています。

 

ブログを継続することに関して考えてみたよ:戦略的なブログの運営の分析ごっこ(その2)戦略的なブログの運営の分析ごっこ(その2):ブログを継続することに関して考えてみたよ。 前回、初めてブログに関する記事を書きま...

 

記事と記事のつながりを考えてみたよ:戦略的なブログの運営の分析ごっこ(その3)戦略的なブログの運営の分析ごっこ(その3):記事と記事のつながりを考えてみたよ ブログの運営は多種多様で人それぞれのブログの育...

 

日本語の正しい文章の書き方を勉強した話:戦略的なブログの運営の分析ごっこ(その4)日本語の正しい文章の書き方を勉強してみたよ:戦略的なブログの運営の分析ごっこ(その4) 人それぞれのブログの育て方があり、多種...

 

ここまで読んで頂いた方、本当にありがとうございました!!