バックパッカーの記事

メキシコのティファナ バックパッカーの目線 

メキシコのティファナでのバックパッカーの目線 

 

「バックパッカー」って言葉はカッコいいですよね。

 

バックパック(リュックサック)だけを背負って、未だ見ぬ世界を旅する人。昔は「個人旅行者」って言われていたのに….(笑)。

 

実は10代後半から20代前半、私はバックパッカーでした。

 

10代後半から20代前半って…..結構、昔の話です。

ただ、10年以上の時が流れても、社会に出て肩書きが変わっても、旅人の根本的な人生の軸って変わらないんですよね。

 

あなたはそう思いませんか?

 

ジャングルの中の世界遺産と子供たち

 

1ドルの安宿と天井の扇風機

 

砂煙とピックアップトラック

 

レストランの旅情報ノートと先を行く旅人からの伝言

 

巻き煙草と貰い煙草

 

鼻が曲がるような匂いがする市場とハエ

 

車とバイクのうるさいクラクション

 

出会う多国籍の旅人と拙い英語

 

旅先の古本屋で買った深夜特急と裏表紙に書かれた世界中の通貨の値段

 

ほら、少しかもしれませんが、ワクワクして読んでいませんでしたか?

少し旅の世界をイメージしませんでしたか?

根本的な人生の軸…変わってないでしょう。

 

メキシコのティファナ

 

成田空港からメキシコシティの空港、ティファナ空港の移動でしたが国際線の到着が遅れ、国内線の乗り継ぎが30分しかなくドタバタでした。

国内線の乗り継ぎで多くの空港職員に助けてもらい、メキシコ人の優しさに触れてティファナの滞在が始まりました。

 

メキシコ料理、陽気なメキシコ人の気質、街が位置する地形、ティファナの歴史とギャング。

 

当たり前ですが、その場所に行かなければその街の良さは分かりません。

私は旅をしたティファナの素晴らしさに心を打たれて、大切な人をティファナに連れて行きたいと思いました。

 

バックパッカー目線の写真

メキシコのティファナ バックパッカーの目線

ストリートのタコス屋台。

タコスよりスープが美味しくて、何回も「One more !!」って屋台の人に言ってたら、大きめのサイズでサービスしてくれました。

でも、 タコスって食べるのが難しい…..。ライムを絞ると美味しさが2倍。いや、10倍。

 

メキシコのティファナ バックパッカーの目線

本場のシーザーサラダ

「シーザーサラダってイタリアじゃなくて、メキシコが発祥だよ」とメキシコ人が誇らしく教えてくれた。

知りませんでした。シーザーってイタリアな響き。でも、確かに美味しかった。

だから、メキシコ人に「めっちゃうまいね」って日本語で言ってしまった。

 

メキシコのティファナ バックパッカーの目線

霧の中の町。

昼は30度ぐらい。でも、朝と夜は15度ぐらいの気温。一日の中に四季がある感じだった。

霧の中の町はカッコイイ。神秘的だった。霧を見てはしゃいでいる私の姿にアメリカ人とメキシコ人は笑っていた。

 

メキシコのティファナ バックパッカーの目線

真直ぐの道

この普通の道を行けば…….真直ぐ行けばアメリカ。

多くの道は進めば、何処かにたどり着く。島国の日本にはない感覚。

自分の道は….どこに向かっているんだろう?と考えたのは、帰りの飛行機の中だった。

 

メキシコのティファナ バックパッカーの目線

丘の上にある町

丘の上を車で移動している時の景色に感動した。

夜の夜景も最高だったけど、昼のメキシコ感も譲れない。

写真では伝わらないって理解している。是非、大切な人にはその目で見てほしいと思った。

 

メキシコのティファナ バックパッカーの目線

広い空と広い道

排気ガスとホコリで少し空気が悪い。だけど、嫌いじゃない環境。

何故か自由な雰囲気と陽気な雰囲気が良い感じにミックスされていた。

空を広く感じた。

 

メキシコのティファナ バックパッカーの目線

エビタコス。

美味しい。No.1タコス in My Life。

おかわりして、2つ食べた。日本では食えないのかな?いや、作ればいいか。

私の最後の晩餐のベスト3。

 

メキシコのティファナ バックパッカーの目線

Tijuana Night

ギャングのイメージが強い歴史がこの街にはある。そんな街の夜にビビる?扉は 常に開いている。

メキシコ人がニヒルな顔して言った。「待たせるなよ….」「OK. Let’ s GO !」と言い返していた。

 

メキシコのティファナ バックパッカーの目線

バケツに入れられたビール

飲み干したら、ビールの瓶をバケツの中の氷に逆さにさしていく。

頑張って飲んだら、次のバケツを渡された。まあ、そんな流れもありだと思った。

 

メキシコのティファナ バックパッカーの目線

ボーダー。

こっちは、メキシコ。あっちは、アメリカ。

ボーダーってどこも雰囲気があって好きだ。でも、ここには、目に見えないラインも引かれている。

経済とか、言語とか。なんの為にあるのか、理解できる年齢と世界を見てきたバックグラウンドと知識を今は持っている。

 

メキシコのティファナ バックパッカーの目線

異国の地でのマジックアワー

マジックアワーを見て考えていた。次は何をやってやろうって考えていた。

まだまだ、失敗して、先へ、上へ行ってやるって考えていた。

理想の自分に追いつくまでは、まだまだ 挑戦だと思った。

どこかで、自分自身に期待している自分 がいる限り。

 

トラガるー
トラガるー
さあ、旅に出なさい!行きたいならね。そこが大事や。

 

 



 

 

ブログを読んで頂きありがとうございました。