先見の明に関する記事

FANTOM WALLET(ファントムウォレット)を購入したレビュー記事

FANTOM WALLET(ファントムウォレット)を購入したよ

 

 

あなたは、どんな財布を使っていますか?

 

好きなブランドの財布、大切な人にプレゼントされた財布、使いやすい財布。誰もが常に持ち歩いている数少ないものですよね。

 

突然ですが、私は最近、財布を買い換えました。

 

ただ、何も考えずに次の財布を買うというのは面白くなかったので、財布を使う目的を分析してみて自分に合った財布を選んでみました。

 

どのように自分に適した財布を選んだのかを書いてみようと思います。

 

そろそろ、財布を買い換えようかな?、もっと自分に合った財布があるのかな?っと思っておられるあなたは是非、読み進めてみて下さい。

 

もしかすると、買う予定だった財布とは異なる財布を買ってしまう未来が来るかもしれません(笑)

 

私が自分に合った財布を選ぶために試みたことは以下のとおりです。

 

・財布にはどんな種類があるか調べてみました。

・現代の支払い方法について考えてみました。

・財布の機能を分析してみました。

 

ではでは、たくさん書いていきます。

 

 

財布の種類を調べてみた

 

まず、財布にどんな種類があるのかを調べてみました。

何種類かに分類されるんですね。

 

・長財布

-かぶせ蓋

-ラウンドファスナー長財布

-ボタン・フラップ財布

 

・二つ折り財布

 

・三つ折り財布

 

・がま口財布

 

・小銭入れ

 

・マネークリップ

 

 

財布にも色々な種類があることがわかります。

読者の方は、今どのような財布を使用されていますか?もしかして、上の種類にはない特殊な財布ですか?

 

実は私の周りでは、長財布を持っておられる方が多いです。

他のお財布と比べて、やはり容量が大きいですし、お札が綺麗に入ります。

あと、財布の中をパッと見ていくら分の紙幣や小銭が財布に入っているかがわかりやすいですよね。

ただ、上着の内ポケットやズボンのヒップポケットには入れられないですよね。

 

気軽な格好で財布の持ち運びを重視するなら、二つ折り財布や三つ折り財布が良いです。上着の内ポケットやズボンのヒップポケットにもスッと入れられます。

ただ、長財布に比べて容量が少し小さめですよね。

 

がま口財布小銭入れマネークリップは1つの使い方に特化していますが、単体(例えば、マネークリップのみ)で使用するとなると、財布として無理が生じますよね。

 

当たり前に持っていた財布を種類別に整理して少し考えて見ると、当たり前のように各々の財布のメリットとデメリットがあるということがわかりました。

 

これらのメリット・デメリットはもちろん、財布の選択に考慮しました。

 

 

支払い方法について考えてみた

 

 

財布はかなり昔から存在していたと思いますが、形状や大きさはあまり変わっていないように思います。

調べてみると欧米では17世紀から、日本では江戸時代から財布というものが認識されたいたようです。

 

ここでTwo questions come to my mind (2つの疑問が生まれたよ)です。

 

うん?その1:

確かに紙幣や小銭を持ち運ぶために財布は必要なのですが、私はそもそも紙幣や小銭を頻繁に使っているのか?という疑問です。

 

うん?その2:

紙幣や小銭は昔から存在していて存在意義に大きな変化がないけど、支払い方法って時代の流れの中で劇的に変化しているんじゃないか?という疑問です。

 

そうなんです。

 

私は財布のことを考えていて、奇跡的に劇的に変化を続ける支払い方法というキーワードに辿りついたのです。

 

あなたは、紙幣や小銭をよく使用していますか?

 

私の場合、1週間の行動を思い返してみても、ほとんど紙幣や小銭を使用していないことが判明しました。ただ、欲しいモノや必要なモノは購入しています。

 

では、どのような紙幣や小銭と同等の価値があるものを使用しているのかというとSuicaやPasmoなどの電子マネーカードとクレジットカードです。

 

通勤電車代、コンビニでの買い物、ランチ代、ほぼ全ての支払いで両カードを使用していました。小銭の使用は自動販売機で購入したペットボトルのみです。

 

支払い方法が便利になると紙幣や小銭を使用する機会が減りますね。

 

今ではスマホの支払いアプリを使用している方も最近よく見かけます。あと、支払いの効率が劇的に良くなります。

例えば、電車に乗るときです。

 

昔:紙幣又は小銭 → きっぷ →支払い

今:電子マネーカード → 支払い

 

 

紙幣又は小銭の価値をきっぷに変換して支払う必要がなくなり、効率アップです。

 

支払い方法の変化に伴って、紙幣や小銭の持ち運びのために使用されていた財布の役割がかわりつつあるということです。

 

いや、既に変わっているということです。

 

更に調べていて面白かったのは、電子マネーやクレジットカード以外にも仮想通貨や地域トークンというものが今後の支払い方法を更に変えていくことになるようです。

 

2018年1月9日の日本経済新聞の記事です。

 

2030年になるとお財布から現金が消える可能性があるようです。

 

 

 

ここまで考えて、財布は今までの形状を変えずに存在していくことは難しいと考えるようになりました。

 

 

財布の機能を分析してみた

 

ここからは分析ごっこ遊びです。私は分析の素人ですが、色々と試みてみました。

まず、財布を使用することの目的(仮)を決めてみました。

 

・法定通貨の持ち運び

・個性や地位のアピール

・貴重品の集約

 

上記の3つが妥当でしょうか?ここから簡易な分析をしてみます。

 

財布を使用することの3つの目的(仮)の「法定通貨を持ち運ぶ」に関して、「何をするの?」「どうするの?」の詳細な役割や方法を当てはめてます。

 

更に残りの2つの目的(仮)個性や地位のアピール貴重品の集約も分析していきます。

 

そして、「何をするの?」の中から重要なキーワードを洗い出します。

つまり、財布の本質的な役割です。

 

私の分析の結果では、以下の3つのキーワードが財布の本質的な役割となりました。

 

  • コンパクトに収納する
  • 紛失を防ぐ
  • 他のモノ(クレジットカードや運転免許書)を同時に保管する

 

本質的な役割が明確になれば、本質的な目的を特定する事ができます。

つまりは、以下のとおりです。

 

細かな分析はしていませんが、ざっとこんな感じでしょうか?

 

私が分析した結果、財布の目的は、支払い方法に適したモノを保管でした。つまり、この目的が達成できる財布こそ私に合った財布ということです。

 

 

自分に合った財布の選んでみた

 

早速、目的に沿った条件を整理して財布をインターネットで探してみました。

条件は以下のとおりです。

 

  • コンパクトでヒップポケットに入れても違和感がない。
  • 数枚のカードの収納が収納できる。
  • 紙幣と小銭保管は最低限。
  • 紛失しづらい。

 

紛失しづらいは対象外としましたが、ここまでだと結構、該当する財布がありました。

Air wallet なんて良いと思いましたが、なかなか、絞りきれません。

 

 

 

 

そこで1日の中で一番財布を使う回数が多い通勤時のことをイメージして、条件を1つ追加してみました。

 

支払い動作の効率を上げることができる。つまり、カードを出しやすい。

 

 

そして、最終的に私が選んだ財布はFANTOM Walletです。

 

 

 

Kickstarterでクラウドファンディングがされ、完成された財布です。

動画は以下の感じです。

 

 

 

アマゾンで購入できますが、私は直接この会社(Ansix Designs)から購入しました。

そして、2週間程度で届きました。こんな感じです。

 

 

マネークリップも同時に購入しました。

 

因みに、リサーチや分析したかいもあり、使い勝手はとても良いです。

 

分析したとおりの私の生活スタイルにピッタリ馴染んでいて、はっきり言って好きです。

 

まあ、アリペイのようなスマホでの支払いが当たり前になる時代がすぐ来ると思います。

もう、数年後ですね。そうなると財布は機能的に必要ないでしょう。

それまで財布を楽しもうと思っています。

 

 

みなさんの財布は、みなさんの生活のスタイルに合っていますか?

今回の分析遊びごっこはこれまでです。

 

トラガるー
トラガるー
ファントムウォレット、ええですやん。

 

↓ファントムウォレットの類似品です。お試しに!

 

 

Thank you for reading this 分析ごっこ遊び!